コンテンツへスキップ

髪のキューティクルを守るには!!

髪の表面にはうろこ状に何層も重なったキューティクルが存在しています。キューティクルには水や薬剤が髪の内部に浸透することを防いだり、髪の内部のタンパク質や水分が流出することをふ防ぐバリアの役割があります。また、キューティクルがきれいに並んでいると、髪にツヤが生まれたり手ざわりがつるつるになります!!
キューティクルには摩擦に弱いという弱点があります。ブラシでとかす、こする、カラーリング、パーマ、ドライヤーなどはキューティクルにダメージを与える要因です。ダメージを受けるとパサつきや枝毛などを引き起こします。
髪は死んだ細胞で自分で修復する機能がないので、髪を健康に保つためにはキューティクルのダメージを防ぐ予防が大切になります!!!
ドライヤーの熱は髪にダメージを与えるので、髪から10cmは離して使いましょう。
髪も紫外線対策が必要なので、帽子、日傘、髪用の日焼け止めなどを使用して対策をします!!
トリートメントは髪が濡れた状態だと浸透しにくいので、水気ををとってから髪につけるようにしましょう!!!